読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間関係の基礎知識

ラポール効果

→相互の信頼関係のことで,ラポール効果が高いと相手の話を良く聞くことになり,反対に,

 ラポール効果が低いと半分耳を閉じた状態で相手の話を聞くことになる。ラポール効果の

 高い状態であれば,安心して話しができるが,低い状態であれば,不安な状態で話しを

    することになる。

 なお,ラポール効果は,相手との共通項が増えるにつれて,高くなる。よって,人間関係

 の基本は相手との共通点を見つけることにある。

 ※確かに今の職場では,自分は信頼は得てないような気がしますので,皆,耳を半分 

  閉じた状態で私の話しを聞いているような気がするし,そのような雰囲気を感じて,

  話ににくい気がするのことは確かであり,まさにラポール効果を実感している。

 

人の能力を引き出す

 →ほおっておけば,昇進意欲が低い状態で楽で,同じ給料がもらえるからといって,

  成長が止まってしまう。上司は,期待をかけてその状態から昇進意欲の高い状態に

  引き上げる必要がある。(上司が背中を押す必要がある)

  また,人間は環境の生き物。どんなに優秀な人を雇っても,その環境に適応

  して,能力を発揮できる環境(特に人間関係での安心感,信頼感)でなければ,

  能力がダメになることが多い。環境を整えてあげるのが,上司の仕事であり,

  優秀なメンバーを求めるのではなく,人を優秀にしてしまう考えが大切。

  ※確かに,自分もそこそこの給料を頂いているため,無理に昇進する必要がないと

   感じている。昇進しても,給料はたいして,変わらないことはわかっており,いっそう

   責任ある立場となることで,会社からの束縛が強くなってしまう。例えば,不動産

   投資で大家さんになりたいのに,大家さん業に力をいれていることが知れ渡ると,

   会社の仕事に身が入っていないと批判される恐れがあり,大家さん業がやり

   にくくなる。

   よって,上司から期待がかけられなければ,このポジションが良いといった自分が

   いる。     

 

チームが強くなるためには

 →心理的安心感が必要。その人はそのままで,生かせる状態。その人がそのままでは

  いけないといって,ある人のようになるよう言われると,その人は自己否定におち

  いって,しまい,モチベーションが大きく低下する。

  あなたはあなたのままで良いですよ。その中で,目標に向かって取り組み進んで

  ください。あとは,さきほどのラポール効果が高い状態にもっていくことが必要。

 

上司と部下の対話

 →単なる情報の交換では信頼性は低い。例えば,~しました。了解,わかりました。程度の

  会話をするだけの関係は信頼が生まれないということ。求められるのは,お互いに良い

  ものにしようといった気持ち,魂,エナジーの交流で共創する状態であれば,信頼が

  生まれる。

「神様はバリにいる」を見て

「出稼げば大富豪」,「大富豪アニキの教え」などの本のエッセンスが

盛り込まれた陽気な映画であった。

 

以下,紹介された教えの例

「失敗したときこそ,笑え」

「ダジャレは発想を生むし,頭の回転を速くする」

「やると決めたら,腰が据わる(自分で決めて,覚悟をもてば,進むだけ)」

「一番大切なのは人,仲間や」

「世界は縁でまわっている。」

スリをした子供の話を聞き,ごはんをお腹いっぱいに食べさせてあげるシーンが

ありました。自分も中学生のころ,新聞配達をしていて,先に配達されている

牛乳を飲んでいるところ,不審に思った家の人に見つかった事がありました。

そのおじさんは,のどが渇いているなら飲んでもいいよといって,決して

頭ごなしに私を叱らなかったことを覚えています。きっと,新聞配達をしている

ような貧しい中学生のことを考えてくれたのだと今になって思いました。

 

お金を貯めて,自分だけが幸せになるのではなく,家族を含めた縁のある人達を

幸せにできるよう行きようと思いました。

また,貧しい人へ生みだした仕事を与えるという形で,皆を幸せにできるような

人間になりたいと感じさせる作品でした。

 

「バクマン」を見て

マンガ家は厳しい争いの中で,生きていることを実感した作品であった。

給与ももらえない中,生活を支えるバイトをしながら,夢であるマンガを描き続ける

姿は厳しく,ドラスティックであり,一部の成功者には達成感であり,打ち切りとなった時

には,絶望感であり,人の一生を集約したような生き方を短く熱く生きている。

そのような生き方の中で,マンガが生み出されているのだ。

マンガとは,作者の熱い魂,情熱のこもったものであり,命を削って描いているのだ。

今後のマンガへの見る目を変えさせてくれる良き作品でした。

 

映画は,日常で経験できない世界を見せてくれるので,最高です。

 

プレイングマネージャーと上司の判断の重み

先日,上司に,今のビジネスに求められるのは,プレイングマネージャと言われました。

私は経験,知識とまだまだというよりも,まったくないので,スピート感をもってプレイング

マネージャ的に働けず,業務分担の変更がありましたが,

説明を聞いて確かに納得しました。

 

例えば,担当者が複数の仕事をもっていて,片方でトラブル発生,両方でトラブル発生

となってしまうと,仕事が滞ってしまします。滞っても,挽回するチャンスのある仕事で

あれば,よいのですが,締切が変更できず,迫ってくるものであれば,どうにもならない。

そんな時は,上司がプレイングマネージャとなり,自ら推進していく。それも,途中から

だが,担当に引けも劣らずのスピード感をもって進める。

そんな状況が求められていると聞きました。

担当業務から外れたことは,非常に残念でしたが,その理由がはっきりして良かったし,

心のわだかまりが晴れました。人間,おいしい料理とおいしいお酒を前にして,

腹を割って話し合うことで,お互いが理解しあえるのですね。上司に感謝です。

 

さて,そのほか,言われた話を紹介しますと,

上司たるものの判断は,担当者だけでなく,その関係者である妻,子ども,父母の人生を

背負っての責任ある判断である。上司の「わかったぞ」の一言には,それくらい重みがある

とのことでした。

自分のためだけではなく,関係者,家族を含めた関係者を幸せにするような姿勢を大切に

して,判断基準としていくことで,仕事が楽しくなると感じました。

 

あと,職場を明るくしたいといった気持を上司にぶつけて,それは難しいと言われましたが,

そのような明るい職場,すくなくても,自分が明るくあることを約束しましたので,厳かに

実行していこうと思いました。

 

 

仕事ができないの烙印を押された時の気持ちの整理

上司より,私のしている仕事を他の人にしてもらおうと考えているとの話がありました。

その理由は,私の経験,知識不足によるもので,自分でも納得するところであります。

納得はするけれど,自分としては,やはり悔しいし,悲しい。

気持ちの整理が必要です。

 

そこで,このように考えてみました。

もしも神様がいるとすれば,自分に必要な試練を与えてくれるはず。

その仕事を他の人に渡すならば,その仕事は私にとって必要ではなく,

他の人にとって必要な内容であった。よって,神様は,私の仕事を他の人が

するようにしたと。

確かにこの類いの仕事は,新入社員のころから,不思議と自分にはまわって

こなかった内容です。よって,経験,知識もなく,中間管理職になって,初めて,

やってみたが,経験,知識はもちろんなく,部下にきくこともできず,難しい

ポジションで数カ月過ごしている状況でした。

 

おそらく,この仕事は私に必要な仕事ではなく,私が次の試練へ向かうための

神の配慮であったのではないでしょうか。

 

そのように考えれば,若干ではありますが,気持ちが整理されてきたように

思います。

 

人間はその時その時に必要な経験を積めるよう神が配慮しているのだ。

神は偶然ではなく,完璧だから,このような状況になるのは,必然だったのだ。

さぁ,次の仕事に向かって,進んでいきましょう。振り返っても,プラスになるものは,

何にもないよ。前へ前へ進もうぜ!