気持ちが落ち着く深呼吸について

気持ちが落ち着く深呼吸について

 混乱した時,困った時,考えがまとまらない時,悩み事がある時等の
アドバイスに深呼吸をして,気持ちを落ち着かせましょうといったものが
あります。
 ultra1は,深呼吸をしても気持ちが落ち着いたのか,落ち着いていないのか
が分からなかった。しかし,最近になって,ようやく効果のある深呼吸の方法に
気づいたので,参考に述べます。

 まず,深呼吸をする時に,思いっきり空気を吸い込んでしまう人が多いのでは
ないでしょうか。ultra1は,完全に思いっきり,吸い込む派で,深呼吸はあまり
効果がないと何十年も思っており,意識的に深呼吸をすることは,まれでした。
 しかしながら,ある機会に,深呼吸は吐くことが大切なことを知りました。
 
 その内容は,身体の中の悪いもの(毒素等)を全て吐きだすことで,新鮮な空気を
体内に入れることができ,身体が生き生きするといったものでした。
 全て吐きだす時は,お腹を引っ込めて(背中にお腹がくっつくくらい),お腹の空気
を全てだし,さらに,肺にある空気を隅々から吐きだして,身体の中に空気が
全くなくなるような気持ちをもって,全て吐きだすのです。
 そこで,少し息を止めて,その後,自然にまかせて,大きく空気を吸い込みます。
お腹が大きくふくらんだところで,また,少し息を止めます。この呼吸を繰り返します。 

 しっかりと空気を吐き切ることで,身体から否定的な悪いものがでていくような
気分になると思います。自分の自律神経は,ほとんどコントロール不能であるのが
普通です。ただし,吐くことを意識した深呼吸をすると,自律神経の1つである
胃腸の動きが活発化して,便通が良くなったりします。また,布団に入って,行うと
落ち着いて,目覚めの良い眠りにつくような気がします。
 お腹を引っ込めることで,お腹のぜい肉がつきにくくなるといった効果もありますよ。

 深呼吸をしましょうというアドバイスがあれば,吐くこと意識した深呼吸をして
みましょうね。
 
 ため息をすると幸せが逃げていくと言われます。ultra1の職場でも,みな,忙しそうで
ため息ばかりです。確かにため息には,否定的なイメージがあり,ため息をすると
すっきりすることはまずありません。ため息がうまくいっていないと良く認識していて,
ため息をすると,いっそう気分が悪くなるのではないでしょうか。
 そこで,提案です。空気の吐き方が甘いので,ため息になるのなら,思いっきり空気を
吐いて,悪いものを全て出すため息(=深呼吸)に変えれば,やる度に,人生が好転するの
ではと思っております。