読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人観光客の増加について

 外国人観光客の増加について

 最近,外国人観光客が多くなっております。
原発事故で外国人観光客が減少すると思いきや,
何にも影響がないかのように,観光客が増加しています。
 この理由は,急に進んだ円安の影響なのでしょう。
120円/ドルの現状では,海外からみて日本の物価が明らかに
安いということを示しているのでしょう。

   昨年,ultra1は,ベトナムへ行ってきましたが,
食料品の物価は日本とそんなに変わらなかったのを覚えています(100円/ドルの時)。
 それ以降,20%程度,円が価値を失っていますので,おそらく,
外国人から見たら,日本の方が物価が安く,買い物にお得感があるの
でしょう。

   中国人のバク買い現象も,明らかにお得感がなければ起こらないはず。
 ultra1が,1998年の通貨危機で,バリでの物価の安いのにびっくり
して,財布に入りきらないほどのルピアをもって,おみやげをバク買い
したことを思い出しました。

  さて,この日本の物価安は,明らかに歪んだ現象で,いずれ,解消される
ことになります(日本人が買えないものを外国人が容易に買っている現象は
不均衡な状態)。

その解消方法として,
1.円相場が円高に戻り,海外からみた物価安が解消
2.日本国内でのインフレにより,海外からみた物価安が解消
が考えられます。

   現在の円安の方向性は,そう簡単には変わるとは思えないので,
ultra1は,2.のインフレ(国内物価上昇)による解消を想定しております。
 外国人の爆買いが続けば,景気を刺激しますので,今後の景気回復の
1要素になると思われます。

  最近の話題である外国人観光客の増加について,インフレの予兆となる
ものと感じました。インフレは,日本円の価値の低下を示しており,
大事な情報と思い,記録に残させて頂きました。