日本の債務について

2015年年末のyahooニュースで高橋洋一氏が,国の借金が1000兆円あるが,

資産が700兆円くらいあるため,トータルで見れば,日本の債務はGDP比で

40%となり,諸外国と比べて,安定した内容との記事を掲載しておりました。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47156

私も国家予算を編成するときに,約40兆円しか収入(歳入)がないのに,約100兆円の

支出(歳出)を予算化するのは,おかしいと前々から感じておりましたが,やっとなぞが

溶けた気分です。

消費税は,どんどんと上げていますが,本当にその必要があるのか疑問であり,

高橋氏の理論からいけば,上げる必要はないとの結論となります。

国民の為の政府が,必ずしも必要ではない増税を計画し,国民生活を低下させ,

苦労させるならば,国民は一生懸命に税金を納める必要がないと考えます。

諸外国に比べて,突出して多い政府資産をくじって,債務を減らし,最終的に

必要に応じて,増税するべきと考えます。

 

ということで,増税増税と騒いでおりますが,国民は節税節税と堅実に振舞う必要が

求められると考えます。節税についての文献のリンクを記載します。

Amazon.co.jp: サラリーマンの9割は税金を取り戻せる あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ) 電子書籍: 大村大次郎: Kindleストア