人間関係は難しい

今日は,人間関係の難しさを感じた1日でした。

一緒に仕事をしている人が,暴走気味。何を言っても,気にくわないらしく,ホウレンソウも

ままならない。こちらの優しく言ったアドバイスに,食ってかかってくる始末。

さすがのultra1も,少々手が震えましたが,”感謝・感謝””ありがとう・ありがとう”"許します・

許します"の最強の呪文を唱えて,なんとか気分を維持して,1日を過ごしました。

そこで,この現象がこれからも続く見込みなので,どのように対応するかを考えてみました。

怒り,心配毎,かみあわない,性格が合わない,批判されるなどで人間関係で

困っている人は,参考にしてください。

 

1.機嫌の悪いのはその人の問題で,自分は関係ありません。自分は常に幸せで

  なければ,いけません。よって,その人の機嫌の悪いのに巻き込まれては

  いけません。

  機嫌の悪い相手は,放っておけば良いのです。 バカな人に巻き込まれる!

  自分がバカと思う相手に巻き込まれるなんて,そんな自分は大バカということになります。

  バカ一人に対処できなのは,あなたが大バカであることを理解しましょう。

  鉄則:勝手に機嫌の悪くなっている自分をコントロールできない相手は,

      放っておけ。

 

2.人は変えられません。変えられるのは唯一自分だけです。批判した相手は,今,

  自分が良いことをしたと勘違いして,スヤスヤ眠っています。そんな状況で,言われた事を

  気にしている自分ってバカだと思いませんか。

  鉄則:バカな相手から言われた事,とられた失礼な態度を考えるなんてバカらしい。

     そんな相手のことは放っておいて,自分が楽しいと思うことをやりましょう。

 

3.何を言っても食ってかかってくる。そんな相手には,本気になって言っても無駄。

  できれば,相手にせず,何も言わない。どうしても仕事上で言わなければいけない

  ならば,割り切って言う。当然,言うことを聞かないので,相手の好きなように

  やらせれば良い。ただし,会社,社会(世の中)に迷惑をかけるようであれば,

  それはダメ。それははっきりを言い,抑制する。

  鉄則:受け入れ態勢の整っていない人に,無理に教えない。全てをとりこぼしてしまう

      ので,教えた自分が辛くなる。自分は常に幸せのポジションに置くのが

      基本。その状態で,言っても無駄だと思うけどといった軽い気持ちで,

      教えれば良い。

 

4.上記の対応をとるが,社会的に迷惑をかけてはだめ。相手が自滅して,仕事が

  進まないのはNG。相手がダメなら,すべて自分がやるつもりで取り組む。

  鉄則:小さな事にとらわれてモチベーションの下がった相手は,放っておいて,

     その分の仕事は全て自分がカバーする。いつまでたっても,役に立たない

     相手なら,いっそうのことやめさせればよい。

 

5.このような状況は,自分にとって必要な経験であったと解釈する。そのような嫌な

  役回りを相手が買って出てくれたことを感謝する。悪態をつくのは,たぶん,誰に

  とっても気分の悪いこと。”許します”の精神です。

  そんな事を,自分のためにしてくれるなんて,自分を成長するために起こった

  境遇に,みんなが嫌がる一役を買って出てくれた相手に感謝です。

  鉄則:その経験は自分の人生を充実させるために,必要であったこと。これに

      よって,自分はさらなる飛躍を遂げるはずです。感謝しますと許します

      の精神で対応しましょう。

      (観音菩薩の行です。蓮の花は,泥水を吸ってきれいな花を咲かせます。

      泥水が汚ければ,汚いほど,きれいな花を咲かせると言います。よって,

      この辛い経験が自分をさらに飛躍させるのです。これを知っていれば,

      どんな辛いことにも前向きに取り組めます。

      ちなみに,私の今年のキーワードは,「明るく,元気で,前向きに」です)。