株のナンピン買いについて

どこにでも書かれていること:ナンピン買い禁止

しかしながら,損切りできないなら,ナンピンで平均単価を下げて行くしか方法がないのが

実情です。それなら,ナンピンは慌てないでやってくださいね。

日経平均は1989年のバブル時には,約40000円で,株で良く言われるのは,

半値八掛け二割引きです。

0.5×0.8×(1-0.2)= さあ,いくつでしょうか。 答えは0.32です。

40000円×0.32=12800 あれ?少し違いました。

続いて,2000年のITバブルでは,約20000円からの下落でした。

20000円×0.32=6400円 で,だいたい合っていますね。

何が言いたいかといいますと,株価はそれくらい変動するものということです。

よって,10%下がったくらいでナンピンしているようじゃ,すぐに資金がなくなってしまいます。

立花義正氏は,買いは1/3,乗せは1/3,つなぎも1/3で,買いは1/9で,残りは

残しておくように教えてくれています。欲に目がくらんで,過度な資金で投資をすれば,

痛い目にあうことが目に見えております。

Amazon.co.jp: あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録: 立花 義正: 本

くれぐれも,ナンピンは急がず,早くても20%以上低下したところからスタートしましょうね。

幸運を祈ります。