読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車へ求めるものの変化

一昔前,自分が車を乗り始めた頃は,車がステータスシンボルを表していた時代

であり,基本は,普通車で,スポーツカー,RV等がはやっていました。

大学から就職したての頃は,自分も,CIVIC,CR-Vといった普通車を活用

していました。しかしながら,今はもっぱら,軽自動車TANTOを活用しております。

 

その理由は,

①毎年の重量税が安い 7200円/年

②燃費が良い 13~15km/ℓ程  

③車検代が安い 7万円/2年

④タイヤ交換が楽ちん

⑤大人でも4人までなら,ゆったりと乗車可能

⑥車体はTV,ナビ,ETC等を取り付けても,150万円くらい

自動車保険が安い

⑧高速代が普通車の2割引き

 

逆に,デメリットとしては,

①安全性は,多分,普通車よりも低い

②会社に乗っていくと,やっぱり,少しかっこ悪い

③ゴルフ場に乗っていくと,少しかっこ悪し,ゴルフバックは悠々とは載らない

④仮に妻以外の女性(未婚であれば彼女,既婚であれば不倫相手)を乗せる時,

  かっこ悪い。

⑤小学生等の送り迎え時に,4人しか乗れない(期待されないからメリットかも)

⑥高速道路は80km/h制限となるため,気をつかう(パワーは十二分にあるし,快適)

⑦山登りでは,パワー不足で大変。

 

一言でいえば,メリットは経済的(お金がたまる),デメリットはかっこ悪いに集約

されるのではないでしょうか。

ただし,最近の新成人への車への意識調査では,6割近くが車を「単なる移動手段

としての道具」と回答し,「自己表現の手段・ステータスシンボル」と答えた人は,

約4%にすぎなかったとのデータがあります。また,女性の8割が軽自動車でのデート

に肯定的だったとも言われています。一昔前とは,大違いで驚きました。

会社の人に会ったり,車を聞かれたりすると,かっこ悪いと思っていた自分の考えが

だんだんとスタンダードになっているのかなぁと思いました。

あと,もう一つ,自分が車にお金をかけるのが嫌になった理由。この理由が最も,

大きな理由であったのですが,

「大手の自動車会社の給料がやたら高い」ということです。会社に入社当時で,

ボーナスが自分の会社の1.5倍程度だったかと思います。すなわち,車が高いのは,

自動車会社の従業員の給料が高いのが影響しているんだと思ったからです。

皆を幸せにして,日本を支えている自動車会社の給料が高いのは,当然で納得

いくところですが,自分はそんなために高い車を買うのはよそうと思ったのです。

ちなみに,自動車に毎年いくらくらい自分が費やしているか知っていますでしょうか。

購入から廃車まで10年使用すると仮定すれば,軽自動車の私は,

3万円/月を10年間費やしていると言えます。

普通車だと,+1.5万円/月くらいを10年間でしょうか。

10年間で,約200万円くらい違ってきますね。これだけあれば,新たな軽自動車を

1台買えるし,自分からお金をとっていく消費財ではなく,自分にお金を運んできて

くれる株,不動産等の投資に使いたい!

これからも,可能な限り(見栄を張らない限り),軽自動車を乗り続けようと思います。

それともう一つ,サラリーマンでなく,会社経営を始められれば,会社の資産として,

普通車を買って,会社の経費でカーライフを楽しみたいです。