不器用な世渡りの考え方

会社等で突然,○○さん,△△をお願いって頼まれることがあります。

その時に,自分が全く経験がなくって,出来そうもない場合に皆さんはどうされますか。

私は,「全然,役に立たない(できない)かもしれないけど,いいですか」って断りを入れて,

別に良いといわれれば,全く分からない分野でも,全く役に立たなくても,参加(挑戦)します。

良く見る光景は,「私,それ全く専門外ですから」って言って,断固として断る光景です。

私は,そのような状態でも,とりあえず,自分に声がかかれば,取り組むことにしております。

それは,何か,運命的なものを信じていることに通じます。意味があって,そのような状況に

自分は置かれているのだな。ここから,何かを学びとらせようとしているんだな。

次の何かのステップに,関係していることが含まれているんだなって考えます。

結局,参加しても,全くの役立たずに,白い目でみられそうですが,少しでも何かの

役に立てるようにって気持ちを維持します。そうでないと,心が折れそうになるからです。

役に立てるようにって,心がければ,上手くいかない出来事も,あとから後悔する比率が

小さくなります。周りのために頑張った自分に納得ができ,後に引きずらないのです。

結局,役に立たなかったので,評価は下がってしまうとは,思いますが,自分としては,

そのような不器用ながらも,生かされていることを心に留めて,流れのままに受け入れて,

進んでいきたいと思います。結果はどうなるかは分かりませんが,自分がポジティブに

受け止める事が出来れば,きっと,プラスに転換できるはずです。^_^