読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

評価基準とは,また,成功者が考える評価とは?

一般に評価と言えば,会社などの上司が部下の成績をつけ,昇進させることなどを考えがち

である。すなわち,これは,周りの人からの評価である面が大きいと思われる。

反対に,世の中の成功者は自分の中の評価基準をしっかりと持っていて,周りとの比較に

より,ペースを乱されないと聞く。例えば,野球の世界のスーパースターであるイチローは,

ヒット等を基準におくと,ポテンヒットでも成功であり,強い打球が野手の正面をついた時は,

失敗になってしまう。周りも,往々にして,そのように評価しがちである。イチローは,これに

対して,むなしさを感じたため,強い打球が飛べば,成功と考えるようにして,強い打球の

打ち方をひたすら,研究し続けて,シーズン中,試合前であってもウエイトトレーニングを

重ねている。日々,今日の自分よりも,成長しようと努力しているし,より高い目標を

かかげて,一歩一歩と近づいていっている。

また,世の中の成功者は,努力で成功した人,人脈で成功した人,家族で成功した人,と

いろいろだと思うが,共通点は,自分の持ち味を十分に発揮したからこそ,成功している

と思われる。自分の持ち味は,自分を良く知らねばならず,周りの評価ばかりを気にしている

と自分の持ち味を生かせなくなる可能性もでてくると言える。

したがって,自分の評価は自分がするというフィードバック体制が必要であり,まず,目標を

立て,日々,今日の自分よりも成長して目標に近づくための向上心や問題意識(よりよくしよう

とする心)が必要である。上司等の周りの評価と異なることもあるかもしれないが,自分の

評価は自分が一番知っているわけで,日々向上して自分の価値を高めるべきである。高き

目標が達成されれば,初めて周りは,その人の能力に気づくだろう。

つけ加えるが,仕事の価値をお金を稼ぐことよりも,仕事そのものに価値を見つけ出したい。

いかに,人の役に立っているか,役に立つことが楽しいと思いたい。お金に価値をおくと,

サービス残業はいやだ,家での努力も嫌だ,評価が悪いだの,上司が合わないだの,不平,

不満の連続となる。このような人を動かそうと思っても,より多くのサラリーがいるため,

自分の会社には,いてほしくないと思う。仕事自体に価値を見つければ,より多くの価値の

ある仕事がしたくなるし,価値のある仕事と思えば,動いてくれる。人を動かす時も,自分を

動かす時も,仕事自体に価値を見つけることが,人間的,社会的成功への道だと思う。