読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ゴッドファーザーパートⅡ」を見て

暗い映画です。

復讐,暗殺,暴力とタブーが次々と現れてきます。

マイケルの言った言葉,

「仲間も所詮,損得で裏切ることがある。相手の立場に立って考えてみろ」

人間は,損得勘定で味方に付いたり,敵になったり,離れて行ったり,近づいてきたり。

得のあるところに,集まってくるものだ。

この原則は,いつの時代も変わらない。マフィアであっても,サラリーマンであっても同じだ。

また,裏切ったものは,許さない。兄弟,妻といったファミリーであってもだ。

このようなストイックな男を描いたドラマであった。

3時間の大作ではあるが,集中して見れる内容でした。