サラリーマンの収入では裕福になれない

サラリーマンは安定した給料を頂けますが,生活する上で必要な金額以上になることは,

ありません。それ以上の利益は,経営者や株主に還元することになります。

よって,サラリーマンの給料だけでは,鎖につながれている状況で,決して将来裕福には

なれません。

また,サラリーマンは自分の働きに対して,対価を得ていますので,働けない状況となれば,

給料はなくなります。

安定しているように見えて,実はリスクが存在しているのがサラリーマンです。

さらに,給料からは,税金が源泉徴収といった確実,完璧な形で差し引かれます。それも,

会社の経理を使って,有無を言わさず,とっていかれます。政府,県は何の努力もせずして,

確実にサラリーマンから,所得税,県民税として,安定収入を得て,ニンマリしています。

またまた,健康保険組合,厚生年金保険といった社会保険料が,給料から引かれています。

それも,大きな額です(一例:健康保険2万円/月,厚生年金保険4万/月等)。

要は,せっかく稼いでも,みんなによってたかってカモられるのがサラリーマンで,さらに,

それを当たり前だと思って,何も感じなく,何も抵抗せず,素直にカモられるのが,

サラリーマンです。

本当にサラリーマンで,出世して,責任と引き替えに給料が増えていくことが良いことなのか

は,資産面からみれば,私は否定的に考えています。以前,自分より相当,ランクの高い

自分が頑張ってもそこまでたどり着けないような部長と話しをしていると,

「夢のない話しだけど,偉くなっても生活は楽にならないぞ。週に3,4回の飲み会をこなして,

行くたびに,ご芳志を含めて1万円支払い,必要に応じて,2次会(5000円)にも行って,

それだけで,1カ月当たり24万円も必要になる(4回/週×4週間×1.5万円=24万円/月)。

さらに,自分の子供も大学生になり,仕送りに月10万円もかかる。決して,偉くなっても,

サラリーマンの生活が楽になるわけではないぞ」と,夢がなくなる話しを聞いてしまいました。

うすうす感じていましたが,実際にそのランクの方から,そのようなお話を聞けて,自分の

考えが正しいと感じました。

 

おまけに,このような生活をしていたら,ヘタしたら身体を壊してしまいますからね。

他の偉い方のぼやきで「出席しなければならない飲み会が多く,お金を使って,

身体を壊している」というのもありました。帰宅は11,12時がざらとなります。

おまけに,現場でトラブルがあれば,平日,週末関係なく,携帯電話に電話が

かかってくる始末。「いい加減に,やすませてくれーーー」と叫んでいました。

 

サラリーマンの出世は,給料に関する資産面は期待できないですね。出世は,世のため,

人のために尽くしたいといったボランティア精神で整理される内容です。

金銭面から考えるとまったく意味のなさない出世ですので,世の中,権威欲のある方が

どんどんと出世なさっているのですね。金銭面からのモチベーション以外の強い動機が

生まれますからね。

 

これらの点を改善していくことが,私の課題です。

具体的には,サラリーマンをやりながら,不動産投資にまつわる個人的なビジネス,

株式投資が副業にならないため,理想的であり,さらに言えば,家族に名義を借りた,

サイドビジネスを,ネタが見つかればやりたいと思います。

ふるさと納税の活用も,住民税の実質的な低減には,有効です。

この内容を上手く組み合わせれば,サラリーマンの金銭的な問題点が,すこしづつ解消

されていくことになると考えます。