読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「バクマン」を見て

マンガ家は厳しい争いの中で,生きていることを実感した作品であった。

給与ももらえない中,生活を支えるバイトをしながら,夢であるマンガを描き続ける

姿は厳しく,ドラスティックであり,一部の成功者には達成感であり,打ち切りとなった時

には,絶望感であり,人の一生を集約したような生き方を短く熱く生きている。

そのような生き方の中で,マンガが生み出されているのだ。

マンガとは,作者の熱い魂,情熱のこもったものであり,命を削って描いているのだ。

今後のマンガへの見る目を変えさせてくれる良き作品でした。

 

映画は,日常で経験できない世界を見せてくれるので,最高です。