「神様はバリにいる」を見て

「出稼げば大富豪」,「大富豪アニキの教え」などの本のエッセンスが

盛り込まれた陽気な映画であった。

 

以下,紹介された教えの例

「失敗したときこそ,笑え」

「ダジャレは発想を生むし,頭の回転を速くする」

「やると決めたら,腰が据わる(自分で決めて,覚悟をもてば,進むだけ)」

「一番大切なのは人,仲間や」

「世界は縁でまわっている。」

スリをした子供の話を聞き,ごはんをお腹いっぱいに食べさせてあげるシーンが

ありました。自分も中学生のころ,新聞配達をしていて,先に配達されている

牛乳を飲んでいるところ,不審に思った家の人に見つかった事がありました。

そのおじさんは,のどが渇いているなら飲んでもいいよといって,決して

頭ごなしに私を叱らなかったことを覚えています。きっと,新聞配達をしている

ような貧しい中学生のことを考えてくれたのだと今になって思いました。

 

お金を貯めて,自分だけが幸せになるのではなく,家族を含めた縁のある人達を

幸せにできるよう行きようと思いました。

また,貧しい人へ生みだした仕事を与えるという形で,皆を幸せにできるような

人間になりたいと感じさせる作品でした。